徹底解剖☆ヨーロピアン・ブルー・スプルースツリースリム

ヨーロピアン・ブルー・スプルースツリースリム組み立てバイブル

ブルースではありません。ブルー・スプルースツリーです。ていうのはご承知でしょうが、いやー、それにしても長い名前になって申し訳ありません。お客様のご要望が厳しくて、違う名前にするのも意に反するようで、そのまま「スリム」をくっつけました・・・。
(ネーミングのセンスが無いだけかも<(_ _)>)

このコーナーでは、ヨーロピアン・ブルー・スプルースツリースリムの美しさを最大限に引き出していただくためのノウハウを説明しております。

 

ヨーロピアン・ブルー・スプルースツリー・スリム
ところで、このツリー、ノーマルのヨーロピアンのような枝がフック式ではなく、ヒンジ式を採用しています。

 

ヒンジ式ですが、大枝に太い鉄芯を使用しており、スリムながらも剛性感があります。

 

 

下の写真は、使用パーツです。
120cmタイプのパーツ
150cmタイプのパーツ
180cmタイプのパーツ
210cmタイプのパーツ
幹と枝がつながっていますので、感覚的に分かりやすく、後片付けも比較的簡単です。

枝の広げ方は、ノーマルのヨーロピアン・ブルー・スプルースツリーと同じですので、同じ画像で説明します。
出荷時は葉が密集した状態になっています。
葉を平らに広げる。
通常タイプのツリーは基本的に葉を放射状に広げますが、EBSツリーは平らに、平らに・・・
ポリ成型葉は、平らに広げる。フィルム葉は奥になるほど垂直に立てる。
大枝の外側はポリ成型葉がついています。この枝は立てずに平たく広げてください。
内側(付け根側)のフィルム葉は奥(中心)に向かうにつれて立てていき、一番奥の葉は垂直に立ててください。

 

 基本的な枝の広げ方は、「クリスマスツリーの種類別飾り方」の「フック式ツリーの飾り方」を参照してください。
以下、出来上がる様子をコマ送り的に撮影しました。
手順1
手順2
手順3
手順4
このツリーに限らず、弊社のツリーは枝数が多いのが特長の一つです。枝を広げるのに多少時間はかかりますが、その出来栄えは、素晴らしいものになると思います。

 

ツリートップの広げ方
重要 最後はツリートップの広げ方です。フェアリーフォレストツリーと同じく、徐々に上を向けて下さい。

 

 

重要
ほとんどのツリーは、フック式やヒンジ式でもツリートップはバーラップ式を採用しています。
(詳しくは「クリスマスツリーの種類別飾り方」)
構造が違うので、本体とツリートップの境目あたりに違和感が出ます。うまくなじませて、連続しているように見せるのがコツです。
ヨーロピアン・ブルー・スプルースツリースリム
ここ数年「我が家のクリスマスツリー」にお送りいただくお写真は素晴らしいものばかりで、今回ここ掲載させていただいたような方法はすでに実践されているのではないかと思います。
この項では、クリスマスツリーに初めて挑戦される方や、納得したフォルムに仕上がらない方のヒントにしていただき、美しいクリスマスツリーに仕上げる近道になればと思います。

シックなオーナメントから可愛いものまで、何でも似合います!

詳細は下の写真をクリックしてください。
スイーツ系
ゴールド&カッパー
オーナメントセット「コートローズ」装着例
プリンセスオーナメントで
クリスマスカラー

ヨーロピアンブルースプルースツリースリムご購入ページへ

このコンテンツは弊社が2010年9月より掲載し、順次更新いたします。