ツリーの高さとライトの球数の関係

意外と知られていないのが、クリスマスツリーの高さとライトの関係です。
ライトの球数はいったい何球が最適か?


クリスマスツリーの高さとライトの球数の関係


クリスマスツリー
ツリーの高さ
ライトの球数
240cm
200〜300球
210cm
150〜200球
180cm
100〜150球
150cm
 50〜100球
120cm
 30〜50球
上記の表はあくまでも目安ですが、ツリーを部屋のコーナーに立てる場合と部屋の中央に立てる場合とでは球数で1.5倍〜2倍近く差がでてきます。150cmのツリーを例にあげると、部屋のコーナーでは50球ぐらいで、部屋の中央だと100球ぐらいは必要となります。ちなみに、上記の2倍の球数を使用しても、決して違和感はありません。よりきれいなツリーに仕上がるでしょう。

 


 

樹木の高さとライトの球数の関係


樹木
樹木の高さ
ライトの球数
25m
15,000球
20m
10,000球
15m
 6,000球
12m
 4,000球
 9m
 2,500球
 6m
 1,200球
 3m
   600球

上の表は落葉時の目安ですが、繁葉時は記載値の1.5倍〜2倍多めにつけるときれいです。ライトを野外で使用する場合は、雨や雪などに配慮したものを使用してください。

注)コンセント、コネクターやコントローラー部分は防水、防雨加工を施していないものがほとんどですので、ビニールテープを巻きつける等の配慮が必要です。また、連結して使用するタイプのライトはご使用上の注意をよく読み、規格以上に電圧が上がらないように注意してください。

 

最近のクリスマスライトは・・・LED型ライトの全盛期

現在、クリスマスライトのほとんどがLED(発行ダイオード)型のライトになっています。従来の白熱球ライトは捜すのに苦労するでしょう。

 

クリスマスライト販売ページへ

 


このコンテンツは弊社が2000年8月より掲載し、随時更新しております。
※最新更新日:2018年7月