人工ツリーについてのご注意

 

●一般的に人工ツリーは普通の状態では、転倒することはありませんが、下記の場合、転倒する可能性がありますので、ご注意願います。
  • ツリーを設置する床面が傾斜している場合、あるいは不安定な場合。(土の上など)
  • ツリーを組み立てた後に移動させた場合。
  • 人為的に一方向へ引っ張ったり、押したりした場合。
  • 風による転倒。(特に屋外や風の通る場所)
    スタンドに重しを乗せただけの固定方法では、強風で支柱が途中から折れる危険性がございます。
    屋外や風の通る場所で立てる場合は必ずスタンドの固定だけでなく、丈夫な針金か、ワイヤーなどで支線をはり、転倒しないように固定してください。
    また、強風の時は速やかに屋外での使用を中止してください。
    ※支柱のみの販売はおこなっておりませんので、ご了承願います。
  • 極端に重いオーナメント、極端に大量のクリスマスライト(常識の範ちゅうを超えて)を飾った場合。
  • クリスマスライト・オーナメント等を一方向のみに多数飾った場合。
  • ツリーを不完全な状態で組み立てた場合。(ツリーベースやジョイント部分等)
  • ハーフツリーでも、組み立てる時に、足を3本しか付けなかった場合。
  • その他、予想外の不可抗力。

●人工ツリーは枝などに金属製のワイヤーをかしめた部品を使用していますので、組み立て作業中、枝を広げる作業中は軍手等を着用し、目などを突かないように注意して下さい。

●小枝の取れや折れが若干発生する場合があります。ツリーの構造上、やむをえない現象ですので、返品、交換の対象とはとはなりません。数本枝が取れたり、折れたりしても形状が変らないように規格本数より余分に枝を付けております。ただし、ツリーの形状が変形するほど小枝が取れたり、万一支柱から大枝ごと取れたりした場合は、弊社までご連絡願います。

●小さなお子様や、不特定多数の方が往来する場所でのツリーの設置は、行動を予測した上での対策が必要となります。

●一般的に人工ツリーの葉は熱に弱く、火災の原因となる恐れがありますので、ヒーターなどの熱源からはできるだけ離して設置してください。また、エアコンでも噴出し口の近くに長時間置くと、葉が縮んだり、変形したりする恐れがありますので、ご注意願います。

●大枝に鉄芯を使用したツリーは、新品の状態でもその部分に若干錆びが浮いていたり、塗装が剥げていたりする場合があります。これにより、枝が折れたりする等の危険性はありませんので、この旨ご了承いただければ幸いです。

●フック式ツリーで、まれに大枝が不足している場合があります。その場合、枝番号をご連絡いただくことにより、すみやかに不足の枝を送らせていただきます。

●ホワイトツリーの場合、汚れが目立ちますので、ほこりっぽい部屋でのご使用を控えてください。また、紫外線によって葉の色が黄ばんだりすることがありますので、できるだけ日の当たらない場所に設置してください。(弊社では、ホワイトツリーに関しては屋外使用をお勧めしていません。)尚、ご使用後はダンボール等に入れ、隙間から光が入らないように目張りなどをして、日の当たらない暗い場所に保管してください。

●上記のような場合のトラブル等につきましては、弊社では一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。


▲ページTOPへ