はっきり言って、うちのクリスマスツリーは!


.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜.*:・'゜☆。.:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜.*:・'゜☆。.:*

弊社のクリスマスツリーは枝数が多いかまたは、枝にボリュームがあります。(注※)

サンプルをこしらえてから気に入らなければ枝を増やすこともしばしば。

ツリーの枝を外側だけに集中させれば かなりのコストダウンが可能です。

しかしそんなツリーは写真ではごまかせても近くで見ればがっかりすることもあります。

そんなツリーが世の中の標準ならば、はっきり言って うちのツリーは『オーバースペック』です。

でも『オーバースペック』でなければ伝わらない良さがあります。

それはツリーの奥の深さというかコク?のようなものだと思います。

そんな弊社ツリーの枝数以外にもある『オーバースペック』な部分の一例をご紹介します。


(注※)ツリーのフォルムに特徴を持たせるため、あえてボリュームを抑えた枝ぶりのツリーもあります。
.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜.*:・'゜☆。.:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜.*:・'゜☆。.:*

弊社ツリーはボリューム感があり、枝を広げるとあまり奥の方は見えません。

しかし、そんな奥の方にも気を使って丁寧な仕事をしています。

支柱と枝の根元の金属部分をカモフラージュさせるため針葉樹フィルムのモールを巻きつけています。

下の写真は185cmキングピークスレンダーツリー185cmアルムスレンダーツリーです。

分かりやすいように枝を広げていない状態で撮影しています。

ちなみに、180cmクラスのスリムツリーなのに支柱の直径が32mmもあります。

これも『オーバースペック』な部分ですね。
185cmキングピークスレンダー
185cmアルムスレンダー
下の写真は150cmウインザースリムツリーです。

弊社の組み立て式ツリーで一番お値打ちなツリーでさえも支柱のカモフラージュを施しています。

このように弊社では『オーバースペック』が標準です。
150cmウィンザースリム

 

クリスマスツリー販売ページへ

 

このコンテンツは弊社が2019年10月より掲載しております。